2010年04月27日

桂きん枝さん 出馬正式表明 民主・参院比例代表(毎日新聞)

 落語家の桂きん枝氏(59)が23日、大阪市内のホテルで民主党の小沢一郎幹事長とともに記者会見し、今年夏に行われる参院選比例代表で、同党公認候補として出馬することを正式表明した。きん枝氏は「西川きよし元参院議員ら身近に大阪を代表する政治家がいて、話を聞くうち芸人でも政治家ができると思った」と語った。小沢幹事長は「出馬には本人の強い意欲があった」と述べた。

 きん枝氏は大阪市城東区出身で、吉本興業に所属。上方落語協会理事を務めていたが、「一身上の都合」で22日、同会を退会している。【佐藤慶】

【関連ニュース】
選挙:参院選・大阪選挙区 岡部まり氏が出馬正式表明
参院選:三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい
選挙:参院選 堀内恒夫氏、出馬会見「民主の牙城崩す」
中学生になる君へ:/6 西川きよしさん(その2止)
中学生になる君へ:/6 西川きよしさん(その1)

【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)
<雑記帳>大好評「商店街スゴロク」 秋田(毎日新聞)
<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)
新幹線 八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
死亡7人全員の身元確認=札幌グループホーム火災(時事通信)
posted by アラ サダコ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

福知山線脱線 JR西日本歴代3社長の起訴状要旨(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故で業務上過失致死傷罪で起訴された元JR西日本社長の井手正敬(75)、南谷昌二郎(68)、垣内剛(66)の3被告の起訴状の要旨は次の通り。

【写真特集】もう一度事故の様子をみる JR福知山線脱線事故

 (1)井手被告は92年6月〜97年3月、南谷被告は97年4月〜03年4月、垣内被告は03年4月〜06年2月、社長として会社の業務を統括し、事故防止についても、経営会議などを通じて必要な指示を与える立場だった。また、社長在任期間、社内の総合安全対策委員会委員長として、鉄道の運行に関する安全体制を確立し、重大事故を防止するための対策を指揮すべき業務に従事していた。

 (2)同社は東西線開業に伴い、福知山線を東西線、片町線と直結させて利便性を高めようと計画。福知山線の列車本数を大幅に増やして利用客増による収益拡大を図るという経営方針の下、福知山線から東西線への乗り入れを円滑にするため、兵庫県尼崎市久々知3の福知山線上り(尼崎駅方面行き)線路の右カーブ(現場カーブ)を従来の半径600メートルから半径304メートルのものに付け替えた。その結果、現場カーブの制限速度は時速95キロから同70キロに変更され、手前の直線部分の制限速度(時速120キロ)との差が時速50キロに拡大した。現場カーブの付け替え工事は96年12月に完成し、97年3月に運行を開始した。

 (3)現場カーブの半径を半減させるという、他に類例を見ない変更により、快速列車の現場カーブにおける転覆限界速度は時速105〜110キロに低下し、現場カーブ手前の直線部分の制限速度の時速120キロを下回った。さらに、ダイヤ改正で快速列車の本数が1日34本から94本に増えたため、運転士には従来以上に定刻運転の要請が強まり、現場カーブの手前まで制限速度の時速120キロかそれに近い速度で走行する可能性が高まった。従って、運転士が何らかの原因で適切な減速をしないまま、このような速度で現場カーブに進入した場合、脱線転覆する危険性が差し迫っていた。

 (4)現場カーブの変更時や東西線開通時、井手被告は社長として▽南谷被告は副社長として▽垣内被告は取締役経営企画部長として、(1)現場カーブの半径が600メートルから304メートルに変更されて曲がり具合が急になっており、また、手前の直線の制限速度が時速120キロであることから、現場カーブ手前で相当減速しなければならないこと(2)カーブ変更工事の完成を控えた96年12月4日、函館線の半径300メートルのカーブで貨物列車が速度超過して脱線転覆する事故が発生していたのをはじめ、過去にも速度超過によるカーブでの脱線事故があったこと(3)東西線開通に伴うダイヤ改正により、快速列車の本数が著しく増加したこと−−を認識していたことなどから、運転士が適切に減速しないまま現場カーブに進入した場合、脱線転覆事故が発生する危険性を予見できた。

 (5)このため、井手被告はカーブ変更工事とダイヤ改正の際▽南谷被告は97年4月に社長及び総合安全対策委員会委員長に就任後速やかに▽垣内被告は社長就任後の03年9月29日にあった経営会議で福知山線にATS(自動列車停止装置)を整備する工事計画を決定する際、それぞれATS整備の主管部門を統括する鉄道本部長に対し、既に社内で危険性の高いカーブに整備されるべきものと認識されていたATSを現場カーブに優先的に整備するよう指示すべき業務上の注意義務があったのに怠り、変更後の現場カーブにATSを整備しないまま、手前の直線を転覆限界速度を上回る速度で列車を運行させた。

 (6)これらの過失により、05年4月25日午前9時18分ごろ、宝塚発同志社前行き7両編成の快速列車を運転士が適切に減速せずに時速約115キロで現場カーブに進入し、ATSがなく自動的に減速できず、脱線転覆させて線路脇のマンションの外壁などに衝突させ、乗客106人を死亡、493人を負傷させた。

【関連ニュース】
福知山線脱線:JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
福知山線事故:JR西 漏えい防止策進ちょく状況など報告
JR脱線事故:9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート
JR福知山線脱線:歴代3社長、強制起訴前に聴取せず

<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
【Web】使ってみたアンドロイド携帯「ディザイア」(産経新聞)
ISS 女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
LOVE PSYCHEDELICO全国ツアーにSHIBUYA-AX公演追加
posted by アラ サダコ at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

長男の簡易鑑定検討=愛知一家5人殺傷(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、逮捕された長男高之容疑者(30)に対する簡易鑑定が検討されていることが21日、捜査関係者への取材で分かった。
 5人は顔など計44カ所を包丁で刺されるなどした上、同容疑者は「インターネットを解約されたことに腹が立った」と動機を供述。捜査当局は刑事責任能力の有無を判断する必要があるとみているもようだ。
 事件は17日未明に発生。高之容疑者は包丁で5人を次々と刺し、岩瀬さんとめいの金丸友美ちゃん(1)を殺害、母親の正子さん(58)ら3人に重軽傷を負わせた。県警豊川署は同日、殺人未遂容疑で同容疑者を現行犯逮捕し、遺体の身元確認が遅れていた友美ちゃんを除く家族4人に対する殺人と殺人未遂容疑で送検していた。 

【関連ニュース】
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告
「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる
家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ
ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷

「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
<石巻2人刺殺>17歳少年を逆送…仙台家裁決定(毎日新聞)
与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民(産経新聞)
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
posted by アラ サダコ at 04:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。