2010年04月21日

宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)

 宮崎県は20日、同県都農町の畜産農家で飼育されている和牛3頭が家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いがある、と発表した。

 確認されれば、国内では2000年以来の発生となる。人には感染せず、感染牛の肉を食べても人体への影響はないとしている。

 発表によると、農家から9日、「口内にびらん(軽い潰瘍(かいよう))がある」と連絡を受け、宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)の獣医師が検査。1頭の症状を確認した。17日にも別の2頭が同様の症状を示したため、1頭から口の中の粘膜を採取し、独立行政法人・動物衛生研究所海外病部(東京都小平市)に検査を依頼。遺伝子検査の結果、20日に陽性と判明した。

 県は家畜伝染病予防法に基づき20日、防疫対策本部を設置し、同町と隣接する日向市、川南町の畜産農家に、牛や豚の移動自粛を要請した。感染の疑いがある牛が見つかった農家が飼育する全16頭を近く薬殺処分する方針。

 農水省も20日、赤松農相を本部長とする対策本部を設置した。国の指針では、発生地から原則半径10キロ以内を牛や豚の移動制限区域、半径20キロを搬出制限区域とするよう定めている。

 口蹄疫は牛や豚、ヤギ、イノシシなどひづめを持つ動物に発症。口やひづめに水ほうができて発熱、食欲不振などの症状が出る。2000年には宮崎県や北海道で発生が確認された。

<お別れの会>中野寛孝さん=3月13日死去(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)
金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機−東電(時事通信)
posted by アラ サダコ at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り(医療介護CBニュース)

 4月1日に投開票が行われた日本医師会の会長選挙では、茨城県医師会長の原中勝征氏が民主党との太いパイプを強調して当選を果たした。会長には原中氏のほかに、前職の唐澤祥人氏、京都府医師会長の森洋一氏が立候補し、各陣営はそろって「キャビネット選挙」を行わない方針を打ち出した。

 実際、1日に発足した新執行部は各陣営が推薦した候補者が就任し、脱キャビネット選挙を印象付ける陣容だ。政権との距離感が最大の争点になった今回の会長選。政治に対する考え方を異にするそれぞれの会長候補を支えたメンバーが混在する、日医の新執行部が船出した。

■原中会長「やりにくさ感じない」

 「国民に開かれた医師会、国民を守る医師会、国民の味方になる医師会を目指して活動していきたい」。
 新執行部の顔触れが出そろった1日夕、原中新会長は副会長に就任した中川俊男氏(北海道医師会)、横倉義武氏(福岡県医師会)、羽生田俊氏(群馬県医師会)と共に日本医師会館内での記者会見に臨み、こう強調した。

 今回の日医会長選は、「政権との距離感」(中川氏)が争点になった。原中氏は、後期高齢者医療制度の創設を推進した自民党を強く批判し、昨年夏の衆院選で民主党支持を打ち出した。今回の選挙戦では、民主党政権とのパイプの太さを一貫してアピールし続けた。
 これに対して横倉氏は、政権に頼らない運営を目指す森氏支持を表明。中川、羽生田両氏は自民党を支持してきた旧執行部で、常任理事として唐澤氏を支え続けた。

 記者会見では、原中氏が「(3氏とのやりにくさは)ない。前に理事をやった時からの仲間だ」と強調すると、中川氏が「今日から全力で原中会長の下で日本医師会のために全力を尽くす」と語るなど、副会長の3氏も原中会長をサポートする考えをそろって示した。
 とはいえ原中氏が今後、難しいかじ取りを迫られるのは確実だ。

 1日夜、原中氏の祝勝会の会場は、祝賀ムードに包まれた。原中氏は「3候補とも思いは一つだった」と今回の選挙戦を振り返った。
 会場には中川氏ら副会長も姿を見せたが、あいさつを済ませると、早々に会場を後にした。

■今村氏「残念でたまらない」

 「副会長選にも常任理事にも、前役員がかなり残られた」「会長の首はすり変わっても執行部の全体の“ケース”は絶対に崩れないと思う」
 会長選で3位だった前職の唐澤氏は1日夜、都内で開いた報告会のあいさつで、今回の脱キャビネット選挙の意義を強調した。

 会場には、支持者ら約260人が集まった。今後の方針について問われると、唐澤氏は「町の地域医療に取り組みたい」と、日医からは距離を置く考えを示した。

 唐澤氏の選挙対策本部で本部長を務めた東京都医師会長の鈴木聰男氏は、「予想以上にやってくれると期待している」と、原中執行部への期待感を表明した。
 一方で「原中先生と全く同じ思想でない人がいるかもしれない。会長としてうまくかじ取りすることが大事だ。今までは舵を取るまでもなかった」とも。

 唐澤陣営からの推薦を受け、旧執行部の常任理事にトップ当選した前職の今村聡氏(東京都医師会)も会場に姿を見せ、「残念でたまらない。4年間、会長(唐澤氏)と一緒に仕事をさせていただいて、これからもと思っていた」などと、涙ながらに語った。

 一方、原中氏に13票差で敗れた森氏は、会長選後、「執行部にはしっかりしている方がそろっている。悪い方向に行くとは思わない」と述べる一方、「(原中執行部で)役員が発揮できる力が5になるか、10になるかは分からない」。

■森氏「マスコミの餌食に」

 森氏の陣営はこの日、マスコミシャットアウトで報告会を行った。会長選挙を終えた今、森氏は「マスコミの餌食になった」との思いがぬぐい切れないようだ。

 選挙戦では、政権に頼り切るのではなく国民の支持を得た上で政策提言する大切さを一貫して訴えた。ところが、こうしたスタンスを政治的に中立だとマスコミに誤解された。
 知名度が低い東日本にどれだけ浸透できるかがカギと見ていたが、各陣営の政権に対するスタンスばかりが報じられた結果、自らの訴えが埋没したと感じている。

 「皆さん(マスコミ)の興味は自民党か、民主党かだったと思う。毛色の変わったのが入って、楽しく報道されたのではないでしょうか」


【関連記事】
度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選−ドキュメント
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に

【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定(医療介護CBニュース)
鉄工所社長か、コンテナ内で死亡=「殺された」と110番−北九州(時事通信)
外国人死刑、事前通報はせず=法務副大臣(時事通信)
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局(毎日新聞)
posted by アラ サダコ at 02:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<普天間移設>仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)

 平野博文官房長官は1日夜、東京都内のホテルで沖縄県の仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、県内と県外に関する政府の検討状況を伝え、沖縄側の反応を探る狙いがある。

 会談は平野氏が呼びかけた。平野氏は、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の移設先2案に、普天間の基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案を説明したとみられる。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
普天間移設:「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新
普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」
普天間移設:「現行案が最善」米国務長官が強調

<与謝野氏>新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事(毎日新聞)
高速道新料金 夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内(毎日新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
<眞子さま>国際基督教大の入学式に出席(毎日新聞)
職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)
posted by アラ サダコ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。