2010年03月11日

野口宇宙飛行士 無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーションに長期滞在中の宇宙飛行士、野口聡一さん(44)が6日夜、無重量状態で重さ約45キロの袋を引っ張るなどの「おもしろ宇宙実験」をした。中継映像が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で報道陣に公開された。

 野口さんは日本の実験棟「きぼう」の船内実験室に現れると「こんばんは」とあいさつし、ハンマーを空中で回転させ始めた。回転の中心と、物体の重心が一致する性質を利用し、重心の位置を見つける実験だ。

 また飲料水が約45リットル入った袋を、野口さんがひもで引っ張る実験もした。袋と野口さんの体が両方とも動いて近付き合い、最後は野口さんが袋に抱きついた。物体に力を作用させると、加えたのと逆向きの力(反作用)が物体から返ってくる「作用反作用の法則」の実例だ。

 おもしろ実験は、無重量の宇宙と重力のある地上の違いを、市民に理解してもらうのが目的。09年に若田光一宇宙飛行士が行ったのに続いて5回目。野口さんは今回、ステーションの公務のない休日を利用して実験した。JAXAは実験の動画を8日夜にホームページで公開し、その後、学校などに解説付きで無償配布する予定。【高木昭午】

【関連ニュース】
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:ISSに別れ 6月2日地球に帰還
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」

サイバー犯罪、過去最多=オークション詐欺減少−ショップ、ブログに移行か・警察庁(時事通信)
<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
人材派遣協理事長・副理事長の会社に改善命令(読売新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
posted by アラ サダコ at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。